2016年01月23日

花粉本番前に肌対策!肌荒れ防止に役立つファムズベビーの秘密

ここ数年、花粉の時期になると肌荒れをしてしまいます。
お医者さんに行くと花粉症皮膚炎と診断されました。


特に気になるのは鼻の脇から頬にかけての部分…
顔の中央部分になるのでなんとしても阻止したいところです。


去年から使い始めたファムズベビーのおかげで肌荒れが少なくなったのでご紹介したいと思います。


ファムズベビーは外部刺激から守ってくれる保護成分が優秀



ファムズベビー.JPG


花粉症皮膚炎は花粉の粒子に肌が敏感に反応してしまうことで炎症が起きてしまいます。花粉自体を無くすことは不可能に近いので、お肌を守ってあげるケアが必要です。




そので、お肌への保護成分が優秀なファムズベビーがおすすめです。




お肌に水分を保つ保護バリアと外部刺激を防ぐ保護バリアの、ダブル皮脂膜を作ることで、敏感な肌を守ってくれます。



アフターケアではなくビフォアケア化粧品ファムズベビー



肌荒れが起きない肌に変えていく.jpg
出典: weheartit.com


基本的に肌荒れに効く化粧品って肌荒れしてから使ってみて効果があるかないかを判断しますよね。



しかし、ファムズベビーはできてから使うアフターケアではなく、肌荒れができないようにお肌を守ってくれるビフォアケア化粧品なんです。


だから肌荒れをしてしまったときは、お薬と併用して使います。
お薬と一緒に使っても何にも支障はありせん。しかし、お薬をずっと使うわけではないですよね。治ってきたら必然的に薬の使用はなくなります。



このファムズベビーを使うことで、肌本来の力で肌を正常な状態に戻してあげるわけです。そして、使い続けることで肌荒れしにくい肌にする、だからビフォアケア!



肌荒れの原因が分かってるのに、事前対策をしないのは勿体無い!
繰り返し起きる花粉症による肌荒れには、ファムズベビーでお肌を守ってあげましょう。



塗り直し必要なし!長時間続くのも嬉しい



w621_e035f275db0abe640e4b4a4ea344cefc.jpg
出典: https://locari.jp


ファムズベビーの肌バリア機能は、塗ってから8時間続くそうです。
朝の化粧前に塗ってあげれば、夕方まで効果は持続するので、塗り直しの必要がないのはいいですよね。


ちなみに、ファムズベビーの肌バリア機能はとても優秀で、金属アレルギーや汗疹、汗臭、靴づれなんかにも良いんです。


夏はサンダルを履く前にかかとや指先に塗ったりして、靴づれが起きないようにしてました。塗ると肌が滑らかになるので、摩擦が起きにくくなるんだと思います。


ムースタイプのクリームなので塗りやすく、塗った後はしっとりもち肌



ファムズベビー濃密泡で肌を守る.JPG

ファムズベビークリームのようなテクスチャ.JPG


テクスチャーはモコモコのムースタイプです。
しかし、伸ばすとこってりしたクリームのような感じです。
実際につけるときには擦り込むようにお肌に塗ってあげてくださいね。



フォムズベビーは他の一般的な美容クリームと違って、美容成分がたっぷり入ったコスメではありません。


しかし、塗った後は肌がとても滑らかでしっとりするんです。
それは、先ほどもお伝えしたW皮脂膜によってお肌に蓋をしてるので、潤いが外に逃げないからです。乾燥の気になる今の時期にも活躍してくれます。



ドクターが所属する情報サイトスキンケア大学でもオススメの保湿剤として紹介されています。



アレルギーによる赤み、湿疹がここまでよくなりました



ファムズベビー赤みがさがさが治った.png


顔もそうですが、首の炎症がひどくて一時期は、胸の開いた服を着れない時がありました。ファムズベビーと皮膚科で処方された薬の併用ですっかり綺麗に♡


今はファムズベビーだけで綺麗な状態をキープできています!
肌が弱くアレルギー持ちの私には手放せませんw



購入方法について



花粉皮膚炎に最適ファムズベビー.JPG


ネット販売が主のようですので、店舗ではあまり置いてないそうです。ですので、公式サイトからの購入をおすすめします!


1本2592円(税込)で2ヶ月持ちます。私は顔と首だけなのでもう少しもっていると思います。


全身に使えるのでたくさん使う人だと2ヶ月も持たないので定期購入される方が多いそうです。


肌が敏感で不安定な方にはお肌を守ってあげるスキンケアが必要だと思います。気になった方は公式サイトを覗いてみてくださいね!


公式サイト>>皮膚保護フォーム ファムズベビー
posted by Saran at 13:51 | Comment(0) | お悩み アトピーケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: